鹿児島へのフェリーの時刻表・料金表

沖縄から鹿児島まで飛行機ではあっという間ですが、フェリーでは1日がかりの長旅となります。しかし、この航路が人気の理由がいくつかあります。「奄美諸島に寄りながら、鹿児島まで、もしくは沖縄まで旅をする」「引っ越しなど理由があって車を運ぶ」「歴史好きで薩摩や琉球が好きでゆっくり軌跡をめぐる」などなど。殆どの人が、行きか帰りかの片道をフェリー、片道を飛行機という選択肢になると思います。効率ばかりではなく、移動も旅の楽しみのひとつ。無理のない範囲で、桜島をフェリーで目指してみてはいかがでしょうか。

鹿児島港の写真
鹿児島のポートライナーバス
鹿児島新港から見える桜島

 

鹿児島行きフェリー乗り場

沖縄から鹿児島行きのフェリーは、那覇港から本部港を経由して鹿児島・鹿児島新港までは、丸一日(25時間)かかる便が、1日1便出ています。那覇港は、沖縄都市モノレール旭橋駅から徒歩10分ほどの距離。本部港は、伊江島行きのフェリー乗り場と間違えないようにしましょう。

沖縄と鹿児島を結ぶ航路は鹿児島航路というものになり、鹿児島新港を利用することになります。鹿児島駅・鹿児島中央駅から大人160円のポートライナーバスが便利。時間は経路によって異なりますが、10〜20分程度です。
(奄美・沖縄フェリーターミナルの県営駐車場がありますが、けっこう高いです。県のHP参考
鹿児島から出発するフェリーは、その他様々の地域にありますので、お間違えないように注意しましょう。

注意事項

・朝が早いため、時間には十分余裕を持って港に着くようにしましょう。
・長時間フェリーに乗るため、酔い止めは必ず持参しましょう。
※ 酔い止めと言えば、最強と言われるアネロンですが、薬局よりAmazonが安くてお得です。
【指定第2類医薬品】アネロン「ニスキャップ」 9カプセル

 

鹿児島行きフェリーの時刻表

鹿児島行きのフェリーは、1日1便で那覇港から本部港を経由して鹿児島・新港に着きます。鹿児島航路は、那覇港→本部港→与論島→沖永良部島→徳之島→奄美大島→鹿児島 と、沖縄と鹿児島の間の奄美諸島を結んでいきます。

那覇からは約25時間、本部からは約23時間の長旅となります。酔い止めは不可欠です。マリックスライン、マルエーフェリーの2社が交互に毎日就航。海況によっては運休にもなるので、事前にご確認ください。

▼沖縄 → 鹿児島

那覇港 本部港 鹿児島新港
7:00 発 9:00 着
9:20 発
翌8:30 着

▼鹿児島 → 沖縄

鹿児島新港 本部港 那覇港
18:00 発 翌16:40 着
17:10 発
19:00 着

 ■ マリックスライン
 ■ マルエーフェリー

※ 2016年時点での私見ではマルエーの方がキレイでした。

 

鹿児島行きフェリーの料金表

那覇港と本部港、また等級によって料金が異なります。
2等でも横になれます。

▼ 那覇港~鹿児島新港のフェリー片道運賃(割引前)
(特等)  36,530円
(1等)   29,220円
(2等)   14,610円
(学生割引)11,690円

▼ 本部港~鹿児島新港のフェリー運賃(割引前)
(特等)  34,200円
(1等)   27,360円
(2等)   13,680円
(学生割引)10,950 円

 

鹿児島行きフェリーのお問合せ

沖縄から鹿児島行きのフェリーについて当日の運行状況などにつきましては、各社のホームページをご確認ください。

 ■ マリックスライン
 ■ マルエーフェリー