徳之島へのフェリーの時刻表・料金表

鹿児島の奄美群島のひとつである徳之島(とくのしま)。沖縄と鹿児島の両方の文化を持っており、沖縄同様の亜熱帯性気候であるが、冬は沖縄より少し寒くなります。サトウキビの農場が広がり、昔ながらの島の暮らしも見ることができます。
リーフの内海には珊瑚礁が広がる畦プリンスビーチや、樹齢300年もあるガジュマル、季節風や荒波により浸食された奇岩など、インスタ映えする自然の見どころもあります。また、実際の沈没した場所からは離れていますが、戦艦大和慰霊塔も見どころのひとつです。

徳之島・亀徳港のフェリーの写真
戦艦大和の慰霊塔
徳之島のサトウキビ圧搾機

 

徳之島行きフェリー乗り場

沖縄から徳之島行きのフェリーは、那覇港から本部港を経由して徳之島・亀徳港(かめとく)まで1日1便出ています。
那覇港は、沖縄都市モノレール旭橋駅から徒歩10分ほどの距離。出発時間が早いことと、9時間半にも及ぶ船旅になるため、余裕を持った準備が必要です。
本部港は、伊江島行きのフェリー乗り場とお間違えないように。こちらからは7時間ほどで徳之島まで着きます。

沖縄と徳之島を結ぶ航路は鹿児島航路というものになり、徳之島では、亀徳港を使用。沖縄には寄らない奄美海運という航路は、平土野港を使うので、徳之島から出る時に、港を間違えないように気をつけましょう。

注意事項

・朝が早いため、時間には十分余裕を持って港に着くようにしましょう。
・長時間フェリーに乗るため、酔い止めがあると安心です。
 ※ 酔い止めと言えば、最強と言われるアネロンですが、薬局よりAmazonが安くてお得です。
 【指定第2類医薬品】アネロン「ニスキャップ」 9カプセル

 

徳之島行きフェリーの時刻表

徳之島行きのフェリーは、1日1便で那覇港から本部港を経由して徳之島・亀徳港に着きます。鹿児島行きの鹿児島航路となり、那覇港→本部港→与論島→沖永良部島→徳之島→奄美大島→鹿児島 と結んでいきます。

那覇からは9時間半、本部からは約7時間の所要時間。マリックスライン、マルエーフェリーの2社が交互に毎日就航しています。海況によって運休となるので、事前にご確認ください。

▼沖縄 → 徳之島

那覇港 本部港 亀徳港
7:00 発 9:00 着
9:20 発
16:30 着

 

▼徳之島 → 沖縄

亀徳港 本部港 那覇港
9:40 発 16:40 着
17:10 発
19:00 着

 ■ マリックスライン
 ■ マルエーフェリー

※ 私見ではマルエーの方がキレイでした。

 

徳之島行きフェリーの料金表

【必見】 2016年7月から那覇・本部〜徳之島が片道2,000円引きになります。(期間:2016/7/1~2018/3/31)
沖縄県と鹿児島県が連携して補助金を出しているようです。

那覇港と本部港、また等級によって料金が異なります。
2等でも横になれます。

▼ 那覇港~徳之島(亀徳港)のフェリー片道運賃(割引前)
(特等)  16,730円
(1等)  13,380円
(2等)   6,690円
(学生割引)5,360円

▼ 本部港~徳之島(亀徳港)のフェリー運賃(割引前)
(特等)  12,850円
(1等)  10,280円
(2等)   5,140円
(学生割引)4,120円

 

徳之島行きフェリーのお問合せ

沖縄から徳之島行きのフェリーについて当日の運行状況などにつきましては、各社のホームページをご確認ください。

 ■ マリックスライン
 ■ マルエーフェリー