津堅島へのフェリー・高速船の時刻表・料金表

別名「キャロットアイランド」とも呼ばれ、沖縄有数のニンジンの生産地としても知られる「津堅島(つけんじま)」は、沖縄本島から日帰り観光が楽しめる離島のひとつです。もちろん、宿泊施設もあるので、日をまたいで滞在することも可能。シュノーケリングやダイビング、島内散策など、ゆったりのんびり島時間を堪能できます。津堅島へは、うるま市勝連にある平敷屋港(へしきやこう)より、フェリーで約30分、高速船で約15分とアクセスも便利。他の離島に比べるとまだまだ渡航者も少ないので、離島ならではの雰囲気を楽しみに、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

津堅島のフェリーくがに
津堅島の展望台から
津堅島の人参畑

 

津堅島行きフェリー乗り場

沖縄本島中部・うるま市の与勝半島。その先端近くに位置する平敷屋港が、津堅島への旅の出発地点となります。港には、無料の駐車場も完備されているため、レンタカーをここに置いて、津堅島に何泊かする人もいるようです。乗船チケットは、ターミナル内の建物で販売しており、片道または往復での購入が可能。高速船でもフェリーでもそこまで大きくは料金が変わらないので、タイミングに合わせて購入するのがベターでしょう。なお、那覇空港または那覇市街から、こちらの港までは、車で約80分。乗り遅れても、早い時間帯であれば次の便があるので、慌てて事故など起こさないよう気をつけましょう。

注意事項

往路・復路ともに、基本的には、始発および最終便が高速船となり、それ以外の便がフェリーとなります。しかし、時期や状況に応じて入れ替わる場合があるので、事前にフェリーの運営会社である「(有)神谷観光」へ、問い合わせてみるとよいでしょう(問合わせ先はこちら)。

 

津堅島行きフェリーの時刻表

津堅島へは、フェリー(フェリーくがに)で約30分。高速船(くがに3)だと、約15分です。フェリーが1日3便、高速船が1日2便の、合計5便が運航しています。本島→津堅島への始発は、午前7:30。最終便は17:00となっています。朝一番から便があるので、日帰り観光も十分に可能ですが、満天の星空を楽しみたいなら、やはり泊りがオススメ。翌日、午前中の便で本島に戻れば、その日の午後はしっかりと観光できるので、焦らずゆったりと津堅島に一泊してみてはいかがでしょうか?

※ 表をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

 

津堅島行きフェリーの料金表

高速船の場合、片道(大人)790円、往復(大人)1,510円。小学生以下は小児運賃が適用され、片道400円、往復770円となります。フェリーの場合は、片道(大人)640円、往復(大人)1,220円。こちらも小学生以下は、小児運賃が適用され、片道320円、往復610円となります。なお、小学生未満の小児は、大人1名につき1名無料となります。

※ 表をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
 

津堅島行きフェリーのお問合せ

津堅島行きのフェリー・高速船についてのお問合わせ先:098-978-1100(神谷観光)
当日の運行状況につきましては、神谷観光までお問合わせください。
神谷観光ホームページは、こちら